日本 無 宗教 理由

Add: arulydu89 - Date: 2020-11-25 22:41:31 - Views: 2725 - Clicks: 6157

(日語). 5倍にもなるため、日本人は単一の宗教を持たないということになります。 自分では「無宗教」だと思っていて、それを自嘲気味に語ったり、誇りに持ったりしています。 多くの場合は、この国は○○教の国とか割と説明することができますが、日本は統一された宗教がないので、そこを長らく劣等感として感じてきた歴史があるみたいです。. 日本人の9割が無宗教? 日本人は多くの方が無宗教と言われます。無宗教の定義には非常に議論がつくと思いますので、ここで言う無宗教とは特定の宗教を信仰しているわけではない人とさせていただきます。.

. ^ 「無宗教」が世界の第3勢力、日本 では. 1 :樽悶 ★:/05/09(土) 19:23:36 ID:QC6ruYaL9. 無宗教者が多い国というのは、数としてはマイナーなのかもしれません。 フラットな目線で宗教を見つめる 無宗教という反面、常にフラットでいられる日本人は、宗教に寛容な民族性を持っているとも言えます。. 日本人の多くは宗教と言いますと、お葬式などの死を連想することが多いです。 それは、日本人が宗教を死の問題解決に使ってきたからに他なりません。 現代人にとって、宗教は、神秘的なものと言うよりは、日常的なものであり、世間的に充実した生活をおくるための手段であると言えましょう。 『宗教の深層』で、阿満利麿さんは日本の宗教の源流を求めて沖縄などを旅します。 日本 無 宗教 理由 そして柳田や折口のたましい論、先祖教について論じ、さらに宗教意識の世俗化を本居宣長に見ていきます。 (この本が書かれた1985年では「日常的意識ととびはなれた神秘感をともうこともなく」ということだったかもしれませんが、現在はそうではありません。神秘現象、超常現象に対する関心が深くなっています。) 本居宣長は、宗教について、私達現代人が宗教に求めるような救済型宗教について説いています。 既成の宗教は否定し、非科学的な話でない中で、自身の死に対する思いや親しい人の死に対する心理的慰めを求めるのが現代人であり、その手段を宗教に求めています。. 日本人が持つ宗教観の根底にあるのはやはり神道。 どの神様も尊敬してしかるべきという観点から、仏教が伝来した時には仏教を受け入れ、そしてキリスト教が伝来した時にはキリスト教も受け入れました。 なぜなら元々「八百万の神」と呼ばれるように、神道には数えきれないくらいの沢山の神様がいるから。 今更一人二人増えたところで関係ないのかもしれません。. だから、日本人は、熱心な「自然宗教」の信者でありながら「創唱宗教」に対して無関心なのだ。そして、明治新政府がキリスト教や仏教などに対する名称として「宗教」という訳語を作った時、「自然宗教」は「宗教」の訳語の範囲に入らなかった。 それ. 無宗教・無関心といいますが、新興宗教とされる教団の信者数の総数を足すと、日本の総人口の3倍強になると言われます。 これも宗教というなら、日本人は無宗教者の集まりではなくなります。.

伝統、習慣、それらが入り混じって日本の宗教観は生まれてきました。 また天災に多く見舞われたという歴史から、神は基本的に人間を保護するような存在ではなく単純な恐れとしての存在でしかなかったという理由もあるでしょう。 日本 無 宗教 理由 神様たちからの怒りに、自分たちの力で抗わなければいけないという理論は、様々な問題からの保護を神に頼むという姿勢が基本のクリスチャンとは相いれないもの。 どちらが間違っている、という話にはしません。 それぞれの立場によって結論は異なるでしょう。 ただその「違い」は非常に興味深いものでした。 また、下記の記事では日本の宗教の信者数の割合を紹介しています。 ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。. 「神」というだけで尊敬しなければいけないという教育を、元々日本人は受けてきていません。 だからこそ様々な宗教が根付きますし、その代わり世界の他の場所と比べて宗教に打ち込む人も少ないのでしょう。. 世界中のカトリックやプロテスタントなどが一番大切にするのは、やはりクリスマス。 そして3月か4月ごろにある復活祭です。 この日はテレビでも朝からイエス関連の番組、映画、ドラマがずっと流れています。 終戦記念日にジブリの「ホタルの墓」が流れるのと同じでしょうか。 それが一週間ほどずっと流れ続けるのです。 ただ、キリストのことを考える日というよりも家族が皆揃う日という意識の方が強くなってきているのは、やはり時代なのでしょうか。. 1996年に宗教学者・阿満利麿(あま・としまろ)氏が『日本人はなぜ無宗教なのか』(ちくま新書)という本を出した。これは英語や韓国語にも翻訳されるなど非常に大きな反響を呼んだ。阿満氏によると、日本人は無宗教だと言われてはいるものの、それは「創唱宗教」と比較しているからではないかという。創唱宗教とは、特定の教祖がいて明確な教義を持つ宗教を指す。キリスト教にはイエス・キリストが、仏教にはゴータマ・ブッダが、イスラム教にはムハンマドという教祖がいる。他方、ヒンズー教や神道には特定の始祖がいない。また民間信仰にも特定の始祖は存在せず、いわば無名の人たちによって自然に実践されてきたものである。 日本の宗教は創唱宗教から大きな影響を受けてきた。6世紀に流入した仏教は、19世紀の中ごろまではもっとも影響力の大きい宗教であった。今でも日本人の多くは仏教の様式でお葬式を出し、あるいは仏像に親しみ、中には阿弥陀仏、観音菩薩、地蔵菩薩を見分けることができる日本人もいる。毎年お墓参りをする人は国民の過半数を大きく超えており、墓前で手を合わせるのは仏様への礼拝の方法である。 19世紀の後半からは、そこにキリスト教の強い影響が加わった。しかし、学校や学問を通してキリスト教が及ぼした文化的影響は大きいものの、宗教集団としてのキリスト教は日本の全人口の1%程度にとどまっている。神道に目を向けると、中には創唱宗教になったものがある。19世紀の中ごろに中山みきという農婦が始めた天理教がその一例だ。新宗教の中には神仏習合の宗教の影響を受けたものが多い。19世紀の中ごろまでは神道といっても仏教と切り離せないものが圧倒的に優勢であり、それほど仏教の影響は大きかった。. See full list on nippon. このように、日本人にとっては「宗教のようなもの」が多くある。そのため、「宗教」であると自覚されにくいものがある。その中でもっとも影響力が大きいのは、「国家神道」だろう。1945年まで、日本の学校では「教育勅語」が尊ばれていた。1890年に当時の明治天皇が、教育の根本精神について国民に授けた聖なる教えである。この後、小学校は天皇の聖なる教えに導かれる場となっていった。それから敗戦までの数十年の間に多くの日本人が神道的な拝礼に親しんだ。伊勢神宮や皇居を遙拝し、靖国神社や明治神宮に詣で、天皇のご真影と教育勅語に頭を垂れた。これが国家神道と呼ばれるものだ。この時期には、学校教育を通じて大半の日本人が国家神道に慣れ親しんだといえよう。 1920年代前半に生まれた筆者の両親の世代は、2月11日の紀元節(※1)に小学校で歌われた次のような唱歌(紀元節の歌)を、大人になってからも憶えて口ずさんでいた。 子供たちは「高千穂」とは天照大神(アマテラスオオミカミ)の血を引く天孫迩迩藝命(ニニギノミコト)が天下った日向(ひゅうが/宮崎県)の山であると教えられた。「大御代」はニニギノミコトの子孫である万世一系の天皇、つまり皇祖皇宗を継ぐ天皇による治世を指す。しかし、この唱歌の中心場面は日向ではなく、後に出てくる飛鳥(奈良県)である。飛鳥といえば7世紀ごろに歴代天皇が都を築き、天皇家の支配が確立した地だ。この唱歌の3番は初代天皇である神武天皇の即位について述べている。 「天津ひつぎ」とは天照大神の神勅によって皇位を継承する者、「高みくら」は天皇の玉座を指す。「もとい定めしそのかみ」とは、神武天皇が最初の天皇として祭政一致の統治を始めた原初の時のこと。この神話的存在である神武天皇が即位したとされる場に橿原神宮が奈良県に創建されたのは1890年で、教育勅語が発布された同じ年のことだった。 奈良県橿原(かしはら)市にある橿原神宮 国家神道は神社よりもむしろ学校で広められた。紀元節に限らず戦前の祝祭日は、おおかた皇居で重要な天皇の神事が行われる日だった。皇室神道・神社神道・学校行事が国家神道の主要な儀礼の場であり、子供たちは教育勅語や修身科、歴史といった授業を通して、国体思想や天皇崇敬の教えに親しんでいった。. 神道についてよくある誤解は、神道とは神社と神職とその崇敬者の宗教だとする考え方だ。これは神道に対する理解としてはあまりに狭すぎる。実は天皇崇敬こそ国家神道の主要な牽引役だったのだ。国家神道は神社以外の場、とりわけ近代国家の国民になじみが深い学校や国民行事、あるいはマスメディアを通して広められた。それは江戸時代に形作られた国体思想をより所とし、国民国家とともに形成された神道の新しい形態ともいえる。.

これまではざっと上記の本についてまとめてきましたが、ここからは私の意見です。 今までの日本の歴史をたどってくると、島国ということで大きな戦争や侵略にあったことはなく、海の外、文字通り海外の文化や技術を積極的に取り入れてきました。 たとえば、今あなたが読んでいる漢字は中国から来ましたし、ひらがなだって漢字がなければ万葉仮名は生まれず、存在しなかったでしょう。 近代になるまで日本が多きな影響を受けたのは中国です。中国は他の国々と陸続きでしたし、様々な技術を持っていました。 しかし、一時期は鎖国をして、外交をしなかったときもありました。その理由は、キリスト教があったからだとされています。 日本の宗教はそれまで、神道と仏教が合わさっていました。そこに新しい宗教が入ってきて、警戒したわけです。そのため、布教をしないオランダ、中国などだけが貿易を許されました。 明治時代になると、鎖国による海外との遅れを取り戻すために、積極的に欧米文化を吸収して、文明開化を成し遂げ、列強の仲間入りをしました。 そして、途中戦争の狂乱の時代があり、現在に至ります。 ひとことで言っても、現在に至るまではたくさんの. 宗教の問題点と、自分に合った信仰の仕方 →神社での参拝の仕方や初詣の作法。神社はお願いするところではない! See full list on syukatsulabo.

. しかし、上記のように創唱宗教の影響もある程度はみられるが、概して日本人の信仰のベースは自然宗教だと阿満氏は述べている。人々は土地や家の神々を礼拝するが、教義はあまり発達していない場合も多い。「無宗教」とは何かを考えてみると、広い意味で神道といえるかもしれないし、民間信仰といえるかもしれない。まずは自然宗教の影響があり、その後に創唱宗教の影響を受けたにもかかわらず、それがしっかりとは根付いていない。そのため強い創唱宗教に出会うと何か戸惑ってしまい、自分は創唱宗教にはなじめないと考える日本人は多い。それが、狭義の「宗教」(創唱宗教)を信じていないという意味で、多くの日本人が自らを「無宗教」と言う理由になっている。 これが、阿満氏の『日本人はなぜ無宗教なのか』の主な論旨である。同書が刊行されたのは1996年。前年の1995年にはオウム真理教事件があった。同教団の信徒には20代の男性、とりわけ大学生や大学院生が多く、コンピューターグラフィックスや医学、自然科学などの高度な専門知識を備えた若者たちもいた。彼らがオウム真理教に傾倒していったのは、日本が「無宗教」だったからだろうか。 この問いに、阿満氏は「自然宗教」の存在を説くが、自然宗教は必ずしも昔のものではない。自然宗教自体は原始人以来の宗教であり、それがもっと発達して崇高な智慧をもつ段階になって生まれたのが創唱宗教だという考え方もある。世界の文明はこの高等な創唱宗教に基礎づけられて進んできたという理解である。日本でいえば、自然宗教というのは仏教が入ってくる前の宗教を指す。 神道は自然宗教に近い宗教ともいえるだろう。1980年代にオウム真理教がマスコミで騒がれるようになる前、「アニミズム」という言葉が流行していた。神道というと、何か日本のナショナリズムと結びついて外国人を排除するようなニュアンスがあるが、神道をアニミズムと表現すれば印象が変わってくるだろう。日本という国家ができる以前、古代からあった神道を「古神道」というが、日本人の中には自分の中に根付いているものはそのようなものではないかという考え方も見受けられる。しかし、宗教学の専門家からすると、そうした考え方は現代人が都合よく考え出したものにすぎないと感じられる。. 基本的に、「え?それ何?」から会話がスタートします。 中には知っている人がいることに驚きますが、基本的に大学まで行っているような人のみ。 早い話が八百万の神様を信仰するんだよというところで皆驚きます。 興味深かったのが、「それじゃあギリシャ神話と同じだね!」というコメント。 確かに、共通する要素が沢山あって面白い意見でした。. 新興宗教も日本では多く見られる独特の現象です。 新興宗教の多くは、神道や仏教、キリスト教の良いトコ取りをして、混ぜ合わせた宗教です。 新興宗教を簡単に説明しますと・・・ 仏教や神道、キリスト教などの教えを勉強したオッサンが、ある日突然・・・ 「俺が神だ!」と言って、税金をまったく払わなくて良い営利目的の組織として「宗教法人」を立ち上げるのが新興宗教ですw 日本以外の国では、キリストやイスラムなど、神を信じている人が多いため、こうした新興宗教は、なかなか普及しません。 仮に日本以外の外国で、新興宗教が活動を始めようしても、すぐに大きな宗教の団体から「邪教扱い」されて、あっというまに潰されてしまいます。 しかし、日本人は無信仰の人が多いため、こうした新興宗教を簡単に広めることが出来るのですね。 わたしは新興宗教団体自体を否定するわけではありませんが、ただ中には「営利目的」しかない団体や、オウムのような危険な思想を持つ団体が存在するのも事実です。 そうした新興宗教団体は、本来の「営利目的」や「悪意ある目的」を隠すために、自己啓発セミナーや、スピリチュアルを利用して、入り口が「宗教団体」と解らないように巧みに信者を勧誘します。 だいたい、人を騙してまで勧誘をする組織が「良い団体」のはずがありません。 騙さなければ人を集めることも出来ない時点で、その宗教団体は間違ったことをしてると言えます。 本当に良いものは、勧誘しなくても勝手に広まるのです☆ 関連記事 →スピリチュアルの危険性. 日本人が無宗教である理由は宗教について考える必要が一切ないことも理由です。 キリスト教などですと、信仰告白などで自分がキリスト教を信ずると明確に自覚する機会があります。 ですが、日本にはそのような風習はありません。 必要がないからです。. 日本人に宗教を尋ねると、多くの方が「無宗教」と答えます。 しかし、振り返ってみると、12月25日はクリスマスだといって、ごちそうを食べたり、ケーキを食べたりしてお祝いします。 年が明ければ、神社に初詣をし、お仏壇に灯明をあげます。 これらを順番に書くと、クリスマスはキリスト教で祝い、初詣に行きますが、これは神道。 灯明を上げるのは道教です。 年末年始の僅かな間に3つの宗教的儀式を行ってなお「無宗教」といいます。 このことに対して、私達日本人の多くは違和感を感じません。 評論家の山本七平氏は、このことについて、「日本教」という言葉を用いました。 仏教であれ、儒教であれ、キリスト教であれ、日本に入ってきた際、排除されるでもなく、戒律や規範が取り払われ、その殆どが変化して受け入れられてきたというのです。 そのため、日本人は、特定の宗教を指して振る舞うのではなく、それら全ての宗教を柔軟に取り入れた「日本教」信者として振る舞うのです。. 信者数の割合を調べるとき、二種類の方法があります。 ひとつは登録している宗教法人に信者数を聞くこと。 そしてもう一つは、一定の人数に電話して割合を計ること。 調査方法として、宗教法人へ聞く方法は全く当てになりません。 全ての信者数を数えると日本の人口が2億を超えるから。 例えば死亡したか、または全く連絡がつかなくなって久しい信者でもなんでも全てカウントしてしまうからです。 団体の発表数と、実際に活動している人たちの差が10倍以上の開きがあることもしばしば。 しかも実際には、個人にアンケートを取って調査した結果「自分は無神論だ」という回答が半数を超えたという、宗教に熱心な人からすると悲しい結果も。 ちなみに残り半数近くの「宗教を信仰している」と回答した人たちの割合は、仏教が40%弱、残りを神道、クリスチャン、その他が分けるという形になっています。.

【宗教】日本は「とりあえず仏教徒」「無宗教」が多く、「一神教」が広まらない理由 キリスト教徒「仏教は、偶像崇拝を行う邪教!」★17 樽悶★ 年5月11日; ニュース速報+. 2012年アメリカの調査機関「ピュー・リサーチ・センター」が発表した調査結果では、日本人の57%が無宗教で、36.2%が仏教徒、日本は世界4位の無宗教国家となっている。世界全体の無宗教11億人のうち中国が7億人を占めている。無神論・唯物論を国是とする中国(民間信仰21.9%、仏教徒18.2%)の無宗教52.2%よりも、日本の無宗教の比率の方が高い。無宗教は概して特定の宗教を信仰しない、または信仰そのものを持たないという思想・立場を指す。無宗教はしばしば無神論と混同されるが異なる。狭義の無神論は神が存在しないとする一種の思想であり、それを積極的に主張する。一方、無宗教とは宗教的主張がない事であり、神の存在を必ずしも否定しない。無宗教者の中には神に類する超越的存在を認めている者もいる。 日本においては神道における「八百万の神」が潜在的に根付き、いわゆる多神論的な環境となっているが、その中で「唯一の神」が存在しない事を積極的に主張する論理もある。無宗教が成立するには・・・(1)信仰を持たない自由を含めた信教の自由が保証されている国家で、居住環境周辺の共同体により特定の信仰を強制されない、あるいは回避しても社会的な制裁を科されない生活が保証され周知されている、(2)特定の宗教や信仰に傾倒ないし取込まれるのを能動的に避けるには、広範な知識や教養を得られる環境を必要とする・・・とする意見もある。 2005年の日本新聞社の宗教に関する世論調査では、「宗教を信じていない」が75%で「信じている」を選んだ人は23%だった。1979年の調査の「信じている」34%と比べて11%も減っている。「神や仏にすがりたいと思ったことがあるか?」に関しては54%の人が「ある」と答え、44%の人が「ない」と答えた(宗教を信じていないを選択した人でも47%があると答えた)。「幸せな生活を送るうえで宗教を大切に思うか? 「宗教」に対してのわたしの勘違い。 日本 無 宗教 理由 写真:マレーシアの学校での一枚。みんなでお祈りです。 宗教の違いは対立の要因ではない。 日本で「宗教」のイメージが悪い理由も、私が「宗教」を怖いと感じた理由も、当然といえば当然です。. 人々が一番食いつくのがこの話題。 日本の場合、天皇陛下は元々は神道の神の中で一番強力な存在として祭られていましたので、他の世界の王室制度や皇帝制度とは一線を画するものです。 天皇家のシステム、以前の立場、現在など、世界では実は類を見ない皇室の作りは、かなりの興味を引くようです。 特にクリスマスすら祝日にはならないのに、天皇陛下の誕生日や以前の天皇たちの誕生日は祝日という部分には皆度肝。. See full list on noritlas. 。. 日本に宗教はありません。でも無宗教という教えがあります。どこかに偏ることなく、色んな考え方のいいところを吸収して育ってきた島国だからこそ、日本だからこそできることがあるのかもしれません。 日々の生活によりよいを ノリ.

net 日本人は「無宗教」?「仏教」? 日本人の多くは、自分のことを「無宗教」と言います。また「うちは仏教です」という人も、「宗教なんて怪しいから嫌い. 日本での三大宗教はこの3つです。 一方で、現在の日本では一般的に、どの宗教・宗派を信仰しているかはさほど重視されていません。また自らの信仰を(無宗教を自認する場合を含めて)ことさらに意識することが海外に比べ少ないようです。. 日本の宗教事情はだいぶ特殊です。 平成26年の文化庁が行った調査では、仏教系が45. 日本人には無信仰者が多いのですが、実は日本の国内には沢山の宗教があります。 一番多いのは「仏教」で、その次に「神道」でしょう。 次にキリスト教や、その他の新興宗教なども、かなりあります。 仏教は、簡単に言うと、お寺でナムアミダブツですね。(ー人ー)ナム 神道は神社で手をパンパンと叩いて参拝するやつですね。ヽヽ(゚_゚*)パンパン♪ わたしたち日本人は「無信仰」のハズなのですが、何故か、大晦日は神社で参拝しますし、お盆になるとお墓参りをして、お経を唱えます。 おまけに、クリスマスまで祝っています。 これは、日本人だけに見られる独特な現象なのですね♪ 日本以外の国では、キリスト教を信じていなかったら週末に教会には行きませんし、イスラムを信じていたら豚は食べません。 仏教と神道、ふたつの大きな宗教が、喧嘩せずに仲良く同居してしまっている国は、日本だけなのです。 日本以外の国でも沢山の宗教は同居はしていますが、2つの大きな宗教同士が仲良くなることは、まずありません。 イスラムを信じている人がキリスト復活祭を祝ったり、ヒンドゥー教の人がビーフカレーを食べることは決してないのですw 歴史を見てみても、日本以外で国では、2つの大きな宗教が同じ国に入ってくると、必ず宗教戦争が起きています。 そして、勝ったほうが負けた側の寺院や神殿を破壊して焼き払ってしまいます。 これが、世界の常識なのですね。 関連記事 →仏教とは?仏教と釈迦の教えを解りやすく解説してみた →神道とは?神道を解りやすく解説してみた →宗教とは何か?

日本人の宗教について、以上のように、無宗教か自然宗教かということで日本人の特徴を捉える考え方がある。もう一つの見方として、「宗教」そのものにはなじみの薄い日本人でも「宗教のようなもの」にはいろいろな形で親しんでいることに着目することもできる。 たとえば儒教だ。日本人は礼儀を大切にする。日本人は誰に対してもお辞儀をするが、これは儒教の影響が大きいと考えられる。また、日本人は敬語を使う。中高生や大学生でも先輩に対する言葉遣いと後輩に対する言葉遣いが大きく異なるが、それは「長幼の序」を重んじているからだ。死者への礼を尊ぶのも儒教の特徴である。葬式や墓参りは仏教の領分だと述べたが、実はそこに儒教の影響が加わっているともいえる。儒教が「宗教」であるかどうかは、「宗教」をどう定義するかによって異なるが、「天」の「命」を尊ぶこと、祖先から子孫へと受け継がれる命の連続を尊ぶこと、儀礼によって聖性を付与された秩序を尊ぶことなどに宗教性を見る立場がある。また、東アジアでは「道」という言葉が西洋由来の「宗教」にあたる言葉だと考えられる。17~18世紀の日本人にとっては、仏教も儒教も人に「道」を教えるものであった。. 島田裕巳 日本人は自分たちのことを「無宗教」だと考えてきた。それを裏づける資料もある。アメリカのギャラップ社が年から08年にかけて行った世論調査では、日本人のなかで信仰を持っている人間は25%で、対象となった世界143カ国のうち136位という結果が出た。. 日本人が無宗教だと思ってしまう理由 hiroki_321 年3月31日 日本 無 宗教 理由 世界中の人々と比べると日本人は無宗教である割合が高く国民の6〜7割が無宗教だと言われています。. 日本に宗教が根付かないのは、独特の宗教観を持つから; 日本人は無意識の内に「和」を至上のものとする思想を持つ; 廃仏毀釈・僧侶の還俗・修験道の廃止が宗教風景を激変させた.

宗教・哲学・医学では死生観を非常に重視している。死について考える事は無意味ではなく、死すべき者としての自己の存在を探求する、人生の意味を究明する事であるとされる。日本人の死生観は、自然の中で生を受け自然の中で散る、このように生と死を考える。しかし現代は、自然との一体感を喪失し、実利本位、欲望を満たす目的主義・物質主義となり、その信頼の根拠であった高度経済成長もバブル崩壊により失ってしまった。「あの世について語らなくなった現代人は、死についても語らなくなった。人類の思想において、死についての深い思弁はあの世についての教説と深く結びついている。あの世への信仰を失うことによって、死についての思弁も失ってしまう。それで現代人は死について深く考えることをやめ、つとめて死を忘れて生きようとしていると思われる。(日本人の魂・梅原猛)」。「死というものは実に不思議なもので、人間が経験する他の事とは根本的に違います。人間は死以外の事については、経験した事を客観化する事が出来る。ところが、死についてはそれができません。生きているあいだに自分の死を経験する事は出来ないからです。経験した時には、もうすでにその人はこの世にいないわけですから、死を経験する事は出来ない。したがって、他人の死についてはいろいろ論議できますが、その人自身の体験としては決して語れないわけです。(人生を考える・中村元)」 仏教の生死観は、誰も避けられない生老病死の四苦を問題にする。 この四つの苦しみに、愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦あわせて四苦八苦となる。宗教は人間が生み出し、人間の幸福を実現するためであった。宇宙に生成と発展の法則があり、生老病死にも法則があり、人はそれを見つめ、その意味を考えながら生きて行かなければならない。また、日本人の宗教観はその国民性も深く関与している。小さな島国で稲作を中心とした生活風土、閉鎖的なムラ社会、世間を気にする恥の文化を形成している。和を尊ぶ国民性が育まれ、外面的秩序が重んじられる。理屈を嫌い、義理人情に弱いが、権力者には迎合しやすく、是は是・非は非とする論理を欠く。身近な人間関係だけという視野の狭さは欠点かもしれない。 宗教は精神性の根源と言われる。ゆえに、その宗教の内容は十分吟味しなくてはならないが、すべての人間に対しては寛容であるべきだろう。宗教は人間を救うもの. 日本に住み始めた当初、最も不思議だったのが宗教に関してである。 多くの日本人と友達になったが、そのほとんどが「自分は無宗教だ」と言っ.

日本 無 宗教 理由

email: [email protected] - phone:(714) 140-9677 x 8078

リング エンディング -

-> ちとせ の 癒し
-> アベル scp

日本 無 宗教 理由 - インスタ


Sitemap 4

すれ違い の 純情 -